働く妊娠経験者の約2割が「マタハラ」を経験 連合調査(3月8日)

2015/03/21 1:14 に 栗原栄美 が投稿
  妊娠経験者のうち21%が「マタニティ・ハラスメント」を受けたことがあることが、連合の調査で明らかになりました。妊娠や出産による不利益な取扱いを受けたかの質問(複数回答)に対しては、

「口頭などで嫌がらせを受けた」10%)、

「解雇、契約更新をしないなどの対応をされた」(8%)、

「重要な業務を任せてもらえないなどの対応をされた」(3%)

等の回答がありました。

「マタハラ」についての知識を身につけることが回避につながりますので、以下のリンクにアクセスしてみてください。

〔関連リンク〕
 働く女性の妊娠 に関する調査(連合)
http://www.jtuc-rengo.or.jp/news/chousa/data/20150223.pdf
Comments