厚生労働省 最新情報

2018/12/24 18:30 に 栗原栄美 が投稿

●厚年・健保適用拡大の議論始まる(12月19日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省は、18日、働き方の多様化を踏まえた社会保険の対応に関する懇談会の初会合を開いた。来夏を目途に短時間労働者への適用範囲拡大を検討し、2020年の通常国会に案を提出する方針。企業規模や月給の要件を引き下げる必要があるが、保険料の一部を負担する企業側の反発も強い。

●医師の勤務間休息9時間以上、連続勤務28時間以内(12月18日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省は、医師の働き方改革に関する検討会で、勤務間インターバルを9時間とする一方、当直がある際の連続勤務時間の上限は28時間とする案を示した。地域医療や研修医らの研修機会の確保に必要な場合は、一般医師よりも緩い上限規制を適用し、こうした医師には休息の確保と連続勤務の上限を義務化。一般の医師には努力義務とする。

●個人情報漏洩企業に報告義務 政府検討(12月17日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
政府の個人情報保護委員会は、個人情報保護を改正し、個人情報を漏洩した企業に報告を義務付ける方針。現行は努力義務だが、欧州の一般データ保護規則(GDPR)では、漏えいから72時間以内の報告義務がある。違反企業には勧告・命令で是正を求め、命令違反への罰金の上限(現行30万円以下)引上げや課徴金の導入も検討する。2020年の案提出を目指すとしている。

●特定技能の外国人建設労働者の情報を一括登録義務化(12月16日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国土交通省は、「特定技能」で働く外国人建設労働者の就労日数や内容、技能、社会保険加入状況、在留資格などを建設キャリアアップシステムに登録することを受入企業に義務づける。日本人労働者にも同様のシステムが適用されるため、技能に応じて日本人と同等の適正な賃金の支払いを促す。

●高卒者の内定率が26年ぶりの高水準(12月15日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
文部科学省の発表で、2019年春卒業見込みの高校生の就職内定率(10月末時点)が78.2%(前年同期比1.0ポイント上昇)となり、9年連続で上昇したことがわかった。就職希望者約18万6,000人のうち、約14万6,000人が内定を得ている。男子の内定率は79.1%(同1.0ポイント増)、女子は76.7%(同0.9ポイント増)だった。

●企業のパワハラ防止を義務化(12月15日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省は、労働政策審議会に職場のパワーハラスメント防止を律で義務づける報告書を示し、了承された。2019年の通常国会に案を提出する。律ではパワハラを「優越的な関係に基づき、業務の適正な範囲を越えて、身体・肉体的苦痛を与えること」と定義し、防止策に取り組むことを企業に義務づける。労働施策総合推進を改正して盛り込む方針。


Comments