厚生年金未加入問題で79万事業所調査へ(1月14日)

2016/01/18 5:37 に 栗原栄美 が投稿
  政府が閣議決定した答弁書で、厚生年金の加入資格があるにもかかわらず未加入となっている人が約200万人に上るとの推計が明らになりました。
  年代別では20代:71万人、30代:52万人、40代:44万人、50代:35万人となっています。
  厚生労働省は、加入逃れの疑いがある約79万事業所に対し、従業員数や労働時間を尋ねる調査票を送って緊急調査を行い、加入対象と判明すれば重点的に指導するとしています。
  違反している事業者は、2年間遡って社会保険料を支払う必要があります。厚生労働省から直接的な指導が来る前に加入しなければなりません。
  当オフィスでは、適用事業所としての手続きを行っておりますので、ぜひお気軽にご相談下さい。
Comments