外国人技能実習 監督組織新設で受入れ企業に届出義務化へ(1月13日)

2016/01/18 5:33 に 栗原栄美 が投稿
  厚生労働省と法務省は、外国人の技能実習制度を見直し、2016年内にも監督組織として「外国人技能実習機構」を設け、受入れ企業には届出を義務付ける方針を示しました。
  機構には実習生を受け入れる企業の抜打ち検査をする権限を持たせます。
  賃金水準などについて日本人と同等以上の待遇を求め、違反すれば罰金や行政処分の対象とする予定です。
  また、今回の制度改正に合わせ、従来の製造業や建設業などに加えて介護事業も対象業種に加える方針です。
Comments